読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「坂」

小高い丘のテッペンの家に帰るというのは

高校を卒業して大学で実家を出るまで悩みの種の1つだった。

丘の上だからどこからどう上がっても

帰り道に上り坂は避けられない。

でもどこか抜け道があるだろうと色々模索した。

そもそも、「上がって」という表現を使っている時点で

僕はあの丘に完敗していると思う。

とりあえず、通学で坂があるのがしんどくてたまらなかった。

 

が、

現在長崎に住んでいるが

当時の坂が平坦に感じるほどの斜度である。

丘という言葉はふさわしくない。

「山登り」が適切かもしれない。

あの程度の丘に苦しんでいたのが

今から考えてみると冗談のよう。 


そして、ある日…





 

f:id:kn0908:20160531015112j:plain

同じような悩みを抱えてそうな小学生がいた。

少年よ、右向け、右!!!